帯状疱疹後神経痛(PHN)とは

前回に引き続き、今回も予防接種のCMでおなじみの帯状疱疹の概要、治療、予防などに関してお伝えしていきます。

帯状疱疹後神経痛(PHN)とは

帯状疱疹後神経痛(PHN)とは、皮疹が消失し、帯状疱疹が治癒した後も続く痛みのことを指します。帯状疱疹に伴う合併症で最も多く、帯状疱疹を発症した50歳以上の2割、80歳以上の3割の方が発症するといわれています。

帯状疱疹後神経痛の特徴

  • 3~6ヶ月経過して発症する神経痛
  • ヒリヒリした灼ける、針で刺される、締め付けられる、切り裂かれるような痛み
  • 衣服が軽く触れただけでも激痛が走る
  • 強い痛みにより不眠を伴う

などが挙げられます。

激しい痛みによって日常生活が制限され、寝たきりになってしまうこともあり、必然的に筋力も低下し、著しく体力を消耗してしまうこともあります。

帯状疱疹後神経痛に移行するリスク因子

  • 高齢者
  • 女性
  • 重度の急性疼痛(発症してからの痛みが強い)
  • 前駆症状(皮疹が出現する前の疼痛)がある
  • 広範囲や重度の皮疹

これらに当てはまる場合、帯状疱疹後神経痛(PHN)に移行するリスクが高いと言われています

治療法

患者様の生活背景や治療に対する反応性に合わせて、内服治療や神経ブロックを組み合わせて治療が行われることが多いですが、現時点で帯状疱疹後神経痛に対して確実に有効な治療法というものはありません。特に6か月以上続く帯状疱疹後神経痛に関しては痛みを完全に取り除くことは難しいのが現状です。

ただし近年、後遺症化が予想される重症帯状疱疹に対して、早期に一時的脊髄刺激療法を導入することで一定の効果が得られたという文献報告が複数なされており、当院でも日本医科大学多摩永山病院麻酔科と協力して、この一時的脊髄刺激療法を行っております。

各種鎮痛薬を内服しても強い痛みが続く場合、後遺症化する可能性のある重症帯状疱疹が疑われます。おかかりの先生とご相談の上、早めに当院までご相談ください。

前の記事

帯状疱疹とは